栄町のデリヘルと言えば千葉で最も有名な地域ですが、アブノーマルな男性客が多いと言われているのは何故でしょうか

栄町のデリヘルは変態客が多い理由

デリヘル嬢の本音

もしも無理に本番をしたり盗撮をして風俗店にバレたら

投稿日:

もしも無理に本番をしたり盗撮をして風俗店にバレたらデリヘルを自宅で利用する独身男性は多く、軽い気持ちで面白半分に盗撮をしてバレてしまったら、どれだけのリスクを負うのかご存知でしょうか?

データを消して『ごめんなさい』で許される訳もなく、実は単なるお金だけの問題じゃすまないほど大変な状況に陥るのは間違いないのです。

デリヘル嬢を自宅に呼んで盗撮した時のリスク

デリヘル嬢を自宅に呼んで盗撮した時のリスク最近はペンタイプなど様々な物に偽装した小型の盗撮グッズがインターネットで手軽に入手できるだけに軽い気持ちで自宅にデリヘル嬢を呼んで盗撮を試みる人もいますが、どんなに工夫してもあっさりとバレる事もあるのです。

例えば市販の盗撮グッズはかなり高額なものや専門性が高いものでないと、どんなタイプの盗撮グッズがあるのか知られていますし、取り付ける場所はベッドの足元側に設置する人が大半です。

盗撮するなら女性のアソコを撮影したいと考えるでしょうから、デリヘル嬢も盗撮を心配していると足元側にある壁側にオーディオがあるとか、服が掛けられてるとか、設置方向が決まっているのでチェックする女性もいるのです。

盗撮グッズが見つかれば問答無用で風俗店に連絡されてしまいます、なんとか許して欲しいと思っても納得する女性なんて皆無と言っても良いかもしれません。

何故、盗撮が面倒とかというと、初犯とは限らないので、今まで案内した女性も既に撮影していた可能性があるだけに、目の前の撮影データだけの問題だけでは済まないのです、そして盗撮して得た動画を個人で楽しんでいただけなのか、販売したのか、ネットなどへ投稿したのか、友達などへ譲ったのかと、万が一にも撮影データが流出したら、一時的にデリヘルで働いていただけの素人娘は、今後の人生においてどれだけのリスクを背負う事になるのでしょうか。

おそらく警察沙汰にしたくても、警察官はデータの回収と削除などだけで実質的に被害に会った女性が安心するまでの捜査は行わずに、不安を解消できない結果となるのは明白なだけに、余程面倒な男性でない限りはお店と男性との間で話しを纏める方向性となっていくと思います。

男性のスマホをチェック、パソコンでメールのチェックだけでなく、撮影動画の有無やアダルトサイトなどの閲覧履歴など、ネットでの流失を徹底的に調べ上げた上で、約束書などの一筆を書かされて、示談金もそれなりに高額な請求をされるはずです。

そして風俗店がヤクザな運営者だった場合は、警察で前科を付けられた方がマシと思える程に、最悪な示談内容となるかもしれませんね。

風俗店で働く女性はいろんな女の子がいるだけに、お客様とのトラブルがなくても、女の子の個人的な行動でのトラブルは頻繫にあるだけに、風俗店の経営者はトラブル対処においてはプロと言っても過言ではありません。

法律にも明るいし、警察に逮捕されたら留置場から拘置所などの内部や状況まで経験した事のある男性スタッフが働いていても何も不思議ではないのが、風俗業界ともいえるのです。

軽い気持ちで盗撮をしてしまった時、予想もつかない大惨事が確実に待っているのです。

デリヘル嬢が嫌がっているのに本番をしてしまったら

デリヘル嬢が嫌がっているのに本番をしてしまったら世の中には酷い男性もいて、嫌がる女性の腕とか押さえつけて本番をしてしまい、終った後に慌てて謝り、お店に電話するのは勘弁してくれと言う、とんでもないお客もいるものです。

風俗嬢だからピルとか飲んでいるだろうとか、そこまで嫌がっているとは思わなかったとか…

さらに酷いと本番はもとより挿入していないとか、シラを切る奴までいる始末。

デリヘル嬢から電話連絡を受けたらスタッフがラブホテルなどの部屋まで駆けつけます、最優先は女性の安全確保なのですが、男性客もそのまま帰れる訳もなく必然的に風俗店のスタッフとディープな話し合いになるでしょうね。

そして泣いて嫌がる女性に本番をしたのならスタッフだって怒ります、この段階での選択肢は二つしかなく、警察を介入するか、お店と示談をするかとなるのです。

強姦として警察が介入した場合の流れ

強姦として警察が介入した場合の流れ本番をしたという証拠がないと言い張ったとしても、弱者救済の観念からして警察官にじっくりと取り調べ室で言われるし、デリヘル嬢から被害届を出された段階で、どのみち留置場確定となるでしょうね。

デリ嬢は親にバレたくないと考えるでしょうが、20歳を越えていれば個人のスマホを連絡先として、被害届を出しても同居している親に知られる心配もありません。

被害届は簡単に受理されるので、まずはその男性が警察署の留置場が確定し、警察から一箇所だけ連絡をしてくれるが、どこがいい?と言われ、自分では電話連絡も外部にできないでしょうね。

留置場ではベルトなども外されます、自殺防止対策の一環ですね。翌朝に検事までバスの護送車で連れて行かれて、延々と待たされた後に、貯金が50万以上あって希望するならば、私設弁護士を雇えると言われ、無ければ国選弁護士が付きますとだけ聞かれ、10日間の検事調べというのがあるのです。

検事調べで留置場に10日間拘留となる期間中、検事へ2~3回は通い、起訴か不起訴かを決められるのですが、留置場に入って2~3日後には国選弁護士が来て被害者との示談を確実に勧められますね。

結論から言えば、10日間の間に被害者と示談が成立すれば不起訴となり、自宅に帰れますが、示談をしないと言えば確実に起訴されます。

ここで示談を選んだ場合は、相場として100万円ほどが示談金となります。

示談をせずとなれば、起訴されて地裁(裁判所)で決着をつける事になるのですが、問題は起訴されてから裁判までの期間が約1ヶ月半程度を留置場か拘置所で待つしかないのです。

つまり問題を起こしてから裁判までの期間で2ヶ月ほど掛かっています、例えば裁判で無罪を主張したとすると、一回目の裁判では状況説明だけで、二回目の裁判で判決となるのですが、一回目の裁判から二回目の裁判までの期間はおよそ1ヶ月くらい待たされるので、結論として三ヶ月間は留置場暮らしですねw

判決は強姦となるので前科1犯、3年以下の懲役を求刑されるのですが、執行猶予が付くのでその場で釈放、3ヵ月してやっと自宅に帰れます、しかし3ヵ月も突然帰れなくなり、嫁とか子供にも知られるので、会社を辞めて家族も失ってとなる可能性もありますね、それでも貴方は警察介入を選びますか?

風俗店と示談交渉を選んだ場合の流れ

風俗店と示談交渉を選んだ場合の流れ示談を選んだ場合に気になるのは、やはり示談金額でしょうね。

その前に一つ問題となるのが、示談の場合は本人同士が行って成立するものですが、デリヘル嬢が本名や住所を加害者であるお客に教える訳にいかないので、風俗店のスタッフが代理で示談書を交わす事となります。

もちろんデリ嬢はそのスタッフに委託書を出す事で特に問題はありませんので、話を進めますね。

次に示談金の根拠となるのに、本番を生で挿入したのか、ゴムを付けていたのか、膣内で射精したのかによっても大きく変わってくると思います。

生中出しなら妊娠の可能性だってありますし、ゴムを付けたなら妊娠の可能性はありません。

生で中出しはしておらず、外で射精したか、射精はしていないとなっても、万が一の事を考えてアフターピルといって事後避妊薬は飲む事になりますが、100%妊娠しない訳ではありません。

ここでは仮に生で挿入、数回は腰を振ったが射精はせずに断念とした男性客がいたとします。状況的には女性の腕を押さえつけ泣いて嫌がるので最後までは断念したという状況を仮定し、デリ嬢がお店に泣きながら通報という状況を想定。

風俗店のスタッフが行うのは、他の女性を送迎するスタッフを変更し仕事を回す事、駆けつけたスタッフは女性の安全確保と共に、店の責任者が到着するまで加害者である男性が逃がさない、被害者である女性の予約は全てキャンセル、既に次の客がラブホテルなどへ入室していた場合は、別の女性を割引価格で案内するか、本指名等のお客であるならラブホテルの休憩料金などを賠償するなど、多数の状況変更に対応するしかありませんし、当然お店は収益が減る上に賠償などの支出すらあるのです。

風俗店の責任者と加害者であるお客が話し合いを行い示談金を決める場合、極論で言えば民事なので多少の高額を請求しても警察は介入できないので問題はおきません。つまり、加害者が予想より高額な請求をした悪徳風俗店だとか、大きく勘違いしていても警察は無関心で助けてくれる訳もなく…

和解をして示談をする金額には、強姦により女性は産婦人科に行き、アフターピルを処方して貰うのですが、実はこの薬を飲むと女性は翌日は体調が悪くなり家から外出するのも困難になる場合がよくあるのです。

1日一万円を稼ぐのは一般男性は大変ですが、デリヘルで人気嬢ともなれば1日数万円は確実に持ち帰る、事件当日の売上にも影響し、産婦人科などの出費、数日はデリヘル嬢として働くのも困難な上、下手すれば後日妊娠となる可能性も0ではないのです。

示談を交わせば、後に妊娠したからと言っても加害者男性には一切の責任も和解後は請求できません、それだけに、デリヘル嬢が働けない数日分の休業補償と妊娠した場合に子供を下ろす為の手術代金くらいは請求されて当然という訳ですね。

そういった観念で積算すると少なくても20万円、状況次第では40万円程度の請求をされても仕方ないのかもしれませんね。

ちなみに強姦(レイプ)をしたかどうかの基準は『挿入』となっており、射精したかどうかは関係ありません。

1:1の強姦ならば初犯で求刑が3年なので、前科は付きますが執行猶予となるので刑務所に服役する事はないと思います。しかし、男性が複数で1人の女性を強姦したならば、4年以上の求刑となるので、初犯であっても刑務所への実刑となる可能性がかなり高いかもしれませんね。

近年にはレイプの罪がさらに重くなると言われているだけに、風俗嬢なんだからちょっとくらい無理して挿入しても大丈夫だろうと安易に考えない方が良いかもしれません。

デリヘルで働く女性達の現実を知る

デリヘルで働く女性達の現実を知るデリヘル嬢の多くは本当に素人娘が内緒でアルバイトしているという状況なので、ヘルスの仕事は手馴れていても第三者に上から腕などを押さえつけて無理に本番をされたら怖くて泣き出したなんて当たり前の話なのです。

当然の様にデリヘル嬢といってもいろんな状況の女性がいます。

悪く言えば貞操観念が低く性格的にもスレていて5000円も払ったら基盤は大歓迎という女性もいれば、シングルマザーで子供を抱えて生活していく上で必死に人妻専門店で働く女性もいます、当人ではなく親の借金を返済するのに普通の仕事では間に合わないからとデリヘルで働く女性もいますし、友達と遊んだり欲しい物品を買うために風俗をする人もいます。

普通の仕事では勤まらないので風俗しか働けないメンヘラもいれば、様々な事情で仕方なしに割り切って働く女性だっているのです。

どんな女性であろうと、いろんな男性客がいて接客するので精神的負担は大きく、稼げるか否かというだけの問題以外にもいろんな不安や対策を模索しているのです。

そうした女性達が働く実情や不安解消なども多数の記事として掲載しているサイトが、成田デリヘルの風俗求人相談所というのがあるので、デリヘル嬢の事をもっと知りたいと思う男性にとっては知識として知っておいたほうが良い内容も多数見受けられますよ。

-デリヘル嬢の本音

Copyright© 栄町のデリヘルは変態客が多い理由 , 2018 AllRights Reserved.